【Python3】カップラーメンが出来上がる前にDjangoを使ってJSON APIを構築する

前提条件

・Macの開発環境でpython3が入っている
・Djangoをpipなどでインストールしてある

していない場合はpip install djangoなどでインストールしておきましょう

Djangoを入れてJSON APIの設定をする

djangoでmysiteというプロジェクト名で作成しjsonを処理する部分(test_api)もついでに作成します。

ファイルを修正してDjangoでJSONを表示できるようにする

修正するファイルは2つだけです。
JSONを表示する箇所とURLを解決する部分のみです。

【修正ファイル1】 mysite/test_api/views.py

JSONを表示処理を書きます。

【修正ファイル2】 mysite/mysite/urls.py

URLを解決する部分を修正します。

Djangoを起動してJSON APIが表示されるか確認する

上記コマンドを実行してhttp://127.0.0.1:8000/api/にブラウザでアクセスすればjsonを確認することができます。chromeのプラグインでJSONViewというものを入れるとjsonが見やすいのでおすすめです。

カップラーメンが出来上がる前にできましたらはてブお願いします(笑)