linuxにpyenvインストールしてpythonバージョンアップする

pyenvインストールしてpythonバージョンアップ

1. pyenvに必要なものをインストールしておきます。
`$ sudo yum install gcc bzip2 bzip2-devel openssl openssl-devel readline readline-devel git`

2. gitからpyenvをダウンロードしてきます。
`$ sudo git clone git://github.com/yyuu/pyenv.git ~/.pyenv`
`pwd`を実行してカレントディレクトリを確認しておくとよいでしょう。`ls -la`で`.pyenv`ディレクトリができていることを確認します。

3. pyenvコマンドを利用できるようにします。
`$ vi ~/.bash_profile`でファイルを開き下記内容を追加します。.bash_profileがない場合は新規作成すればOKです。PYENV_ROOTのパスは、さきほどgit cloneでダウンロードした場所を設定します。
“`export PYENV_ROOT=”/home/vagrant/.pyenv”
export PATH=”$PYENV_ROOT/bin:$PATH”
eval “$(pyenv init -)”“`

4. bash_profileを反映します
3.に追加したものを反映するために下記コマンドを実行して`.bash_profile`を反映させます。

`$ source ~/.bash_profile`

5. pyenvのバージョンを確認します
下記コマンドでインストール可能なpyenvのバージョンを確認することができます。
`$ pyenv install –list`

6. pyenvをインストールします
下記コマンドでpyenv3.6.6をインストールします。
`$ pyenv install 3.6.6`

7. pyenv3.6.6がインストールされているか確認する
下記コマンドを実行すると`systemと3.6.6`が存在していることが確認できます。
`$ pyenv versions`

8. pyenv3.6.6を選択します
下記コマンドで`pyenv3.6.6`を使えるようになります。`$ python –version`でPythonバージョン確認すると`3.6.6`になっていることがわかります。
`$ pyenv global 3.6.6`

9. pipのバージョンアップもしておきます
pipとはPythonパッケージのインストールを行うユーティリティです。新しいものに更新しておきましょう。

$ pip install –upgrade pip