【ダイエット24日目】リバウンドの峠を越えてまた痩せはじめる。1日1食は全然辛くない!!

昨日のダイエットメニュー

朝食: 青汁
昼食: なし
夕食: もやし + 揚げ豆腐 + アイス 2個 + チキン

前回 体重 84.4キロ
現在 体重 84.0キロ

底炭水化物ダイエットと1日1食ダイエットの合わせ技で400g体重を落としてリバウンドの峠を越えてまた痩せはじめました。仕事も片付いてきて精神的に楽な状態ですし瞑想でこころが落ち着いています。ストイックな気持ちだったので余裕でした。もやしだけでも乗り越えそうだったのですがまた次の日も1日1食になることを考えて揚げ豆腐とチキンを食べました。塩辛いものを食べると当然アイスを食べたくなるわけで、、つい食べてしまいました。食欲は食欲を呼びます。。

昨日の筋トレメニュー

・Lプランク 1分間 × 2
・腹筋 × 50
・腕立て × 60
・瞑想10分 × 2

軽い筋トレをこなしました。腕立てをしてわかったことは辛くなる回数が変わってきたことです。今までは30回に1回休んでましたが続けて腕立てできるようになりました。負荷を感じづらくなったということは筋肉がついている証拠です。このまま継続して筋肉増量・脂肪激減していきます。

1日1食はけっして辛くない

ぼくは以前1日1食をして失敗しています。でも今回は継続することができています。その理由は、食事をとる時間帯です。

1日1食ダイエットをするなら1食は夕食にしよう

食欲の誘惑に負けてしまう理由

以前のぼくは朝だけ食べる。昼だけ食べる。をやってきましたがことごとく失敗しました。朝に食べると昼頃におなかが空いてきて我慢します。でも、仕事終わりの解放感とストレスでどうしても食欲を抑えることができません。昼食だけにしても夜寝る前になっておなかが空いてつい食べてしまいます。

食欲の誘惑に負けるぐらいなら夕食で1日1食にする

食欲の誘惑に負けて1日1食を守れないぐらいなら夕食食べたほうがよいです。だって1日1食にすれば間違いなく2食よりカロリーは少ないので痩せるためです。
一番の敵の食欲を抑え込むために夜に食事するべきなのです。

できるだけ夕食は早めにとる

夕食とはいっても寝る前に食べるのはできるだけ避けたいものです。なぜなら夜寝る前に食べるのは胃の中に食べ物が残った状態で内臓に負担をかけるのでよくないからです。寝る3時間前までは夕食を終わらせるようにしています。ごはんを食べたらさっさと歯をみがくのも効果的です。歯を磨いたごはんを再び食べようと思う人は少ないです。歯磨きであともう少し食べたい気持ちを抑制するのです。