【Swift】【最速手順】Swiftの多言語対応する要点だけまとめる

【要点】Swiftで多言語対応化させる設定

1. stringsファイルを作成します。
右上の検索窓で「String」と打てば「Strings File」がでてきます。
名前は「Localizable」で作成します。

create_file-compressor

2. 「Localizable.strings」を選択後右側の「Localize…」ボタンを押します。
「Base」のまま「Localize」ボタンを押します。

localization-compressor

3. プロジェクトを選択して「Localization」の「+」を選択します。
「Japanese(ja)」を選択します。
「Localizable.strings」以外はチェックを外して「Finish」します。
「Localizable.strings」の階層に「Localizable.strings(Base)」と「Localizable.string(Japanese)」が作成されます。

licalization2-compressor localization3

4. 各言語ごとの設定を行います。

「Localizable.strings(Base)」を選択して
"lang" = "English";
を追加します。これで各言語の設定は完了です。
セミコロンが抜けているとエラーになるので気をつけて下さい。

「Localizable.string(Japanese)」を選択して
"lang" = "Japanese"
を追加します。
localization4-compressor

【要点】多言語対応化した変数の取得方法

1. 「NSLocalizedString」を利用して「Localizable.strings」から取得できます。
「ViewController.swift」 の「viewDidLoad()」に下記コードを追加して実行すれば「Localizable.string」が取得できます。

let lang = NSLocalizedString("lang", comment: "")
print(lang)

localization_source-compressor

多言語対応の確認

iPhoneの「設定」→「一般」→「言語と地域」→「iPhoneの使用言語」の「日本語」を「英語」に設定します。
さきほど書いたものを実行すると「English」と表示されて設定を「日本語」に戻すと「Japanese」と表示されます。

実行エラーが出た場合にはiPhoneのバージョンアップ等を行ってください。