【Swift2.x】テキストフィールドに入力したものを出力する

テキストフィールドに入力したものを出力する

テキストフィールドに入力し、ボタンを押すと入力されたものが表示される簡単なアプリです。慣れれば20秒以内にできます。

Main.storyboardの設定

1. プロジェクトの中から「Main.storyboard」を選択します。
2. ユーティリティエリアのオブジェクトライブラリから「Label」「Text Field」「Button」をドラッグ&ドロップでエディタエリアに乗せます。

xcode_area1-compressor

右下の赤い枠で囲った部分をオブジェクトライブラリと呼びます。

3. 右上にある円が重なったマークのボタンをを押します。押すと下側にソースが表示されます。

4. 各アイテムをソースに適応させます。

・「Text Field」を選択して「control」キーを押しながらclassの中へドラッグ&ドロップします。名前は適当に「textField」として「Connect」ボタンを押します。
・「Label」を選択して「control」キーを押しながらclassの中へドラッグ&ドロップします。名前は適当に「label」として「Connect」ボタンを押します。
・「Button」を選択して「control」キーを押しながらclassの中へドラッグ&ドロップします。
Connectionのセレクトボックスを「Outlet」から「Action」に変更し名前は適当に「btn_action」として「Connect」ボタンを押します。

ViewController.swiftの実装

5. btn_action関数の中に「label.text = textField.text」をつけ足します。

6. あとは実行させるだけです。(「command+R」もしくは「再生マーク」で実行)テキストフィールドになにか入力したあとにボタンを押すとラベルにテキストフィールドで入力されたものが表示されます。