完璧を目指すよりもまずは終わらせろ(Done is better than perfect)を実践

完璧を目指すよりもまずは終わらせろ

「完璧を目指すよりもまずは終わらせろ」とは

Done is better than perfect
「完璧を目指すよりもまずは終わらせろ」

Facebook創設者マーク・ザッカーバーグの名言です。

時間をかけて完璧を目指すよりもある程度できた段階でサービスリリースことだと解釈しています。
こだわりを持ち完璧を追求しすぎると時間がかかりますし時間をかけたものが必ずしもよいものとは限りません。ある程度できた段階でリリースして利用者の声を聞きながら改善していくことよいと思っています。いきなり大きな目標をかかげて完璧に仕上げようとすると目的とは違う部分に時間を費やしたりモチベーションの低下につながります。完璧を求めて途中であきらめてしまいなにも残らないことだけは避けるべきでしょう。まずは終わらせる。そのあとにユーザーの反応を見て撤退する。もしくは改善することが大切だと思います。芽が出ない種にいくら水をあげても時間の無駄です。最低限の部分ができたらとりあえずリリースする。自分の戒めです。

過去の失敗体験から完璧を目指すのはやめました

過去にイチからこだわりをもってWebサービスを作ったことがあります。
開発期間は約1年ほどで仕事終わりや休日の空いた時間で作ったサービスです。
絶対イケる!と思っていたサービスが鳴かず飛ばずでほんと落ち込みました。今まで費やしてきた時間はなんだったのだろうかと。成功している社長と知り合う機会があり法則性を見つけました。中身にこだわらない。中身よりも数多く手数で勝負していました。とにかくアイディアを思い浮かんだらプロトタイプ(試作品)でさくっとリリースし反応がよかったものはどんどん拡張していく感じでした。これに衝撃を受けました。どんなに時間をかけても利用されないサービスは自分の自己満足でしかないし時間の無駄であることを気づきました。まずはさくっと作る。どんどん作る。こだわらずに手数を増やすことが重要だと意識するようになりました。

完璧を目指さないために気をつけていること

・デザインはあとから
・任せられるものは任せる
・自分で作らなくてもよいものは作らない
・あるものをつかう
・ダメそうかな?と思ったらさくっと損切りする
・どのサービスでも共通利用できそうなものを制作する
・自分の成長につながるものは必ず完成させる

デザインはこだわると無限に時間がかかります。デザインはできあがったら作成するか頼みます。自分で作成するとこだわって時間がかかりますし、デザインセンスがないので外注します。外注さんに口出しはしません。サービスの成長度によってプロデザイナーさんにお願いしたほうが効率がよいですしよいものが仕上がると考えています。自分でオリジナルのフレームワークは危険です。PHPであればCakePHP,Laravel,Codeigniterなど有名なフレームワークをつかったほうがよいです。自作フレームワークだと自分以外に依頼するとき渋られます。有名なフレームワークであれば外注依頼してもやってくれます。あるものはできるだけ活用して無駄な時間を削るようにしています。エンジニアとして自分で作れるものはできるだけ作りたいですが無駄に終わる可能性もあるのですでにあるものは自分で作りません。Webサービスを作るときに意識していることは「自分の成長」と「共通機能」です。自分のサービスがコケたとしてもダメージが軽減されます。新しいサービスを立ち上げるときにとても役に立ちます。

メンタルブロックを解除するために作ったサービス

できるだけ完璧を目指したくなる性格なので完璧を目指さないよう作ったサイトが前世は醤油の瓶です。自分で役立ちそうだなって感じたものはさくっと作って公開しています。配列の差分チェックや改行、半角、全角をカンマ(,)にしたりするツールは個人的にすごく使っています。MySQLをいじっているときにすごく活用しています。このサイトのコンセプトはとにかく作るです。もし利用されている人がいたら申し訳ないのですがエラーがでたりしてもとりあえずリリースしちゃっています。とにかく数打つ練習用のサイトです。抑止・制止する思考を一切排除して突き進みます。