【ダイエット21日目】炭水化物を一切とらなかったら体重が一気に落ちた

昨日のダイエットメニュー

朝食: なし
昼食: ステーキ500g
夕食: 青汁

前回 体重 84.4キロ
現在 体重 83.4キロ

おそろしいぐらい体重がガクンと下がりました。夕食を食べるのではなく昼食のみでがっつりステーキをいただき満足感がありました。炭水化物を一切抜いているにも関わらず空腹感は感じられませんでした。翌日もしばらく空腹でも大丈夫そうでしたがあまり抜きすぎるのも断食と同じ状態になり胃がびっくりしてしまうので翌日の朝は食べました。食べる前に体重を測るとなんと1キロ体重減ってます!!普段の3倍の痩せかたです。一気に落としすぎるのはカラダにも負担がかかるので食事の感覚に気をつけたいと思います。24時間以内に1食をとることです。

昨日の筋トレメニュー

・Lプランク 1分間 × 1
・腹筋 30回
・腕立て伏せ 30回
・瞑想 5分

軽い筋トレしかしていませんが、またふとももの部分が肉離れににた症状になり筋トレは上半身のみしました。当然ウォーキングもできるような状態ではないので、しばらくは食事制限と上半身のトレーニングのみです。

ダイエット21日目を超えてカラダの変化が起きました

体重が落ちたことももちろんなのですが、それ以外によかった点を挙げていきます。

・頭の回転が速くなった
・ヒゲが伸びにくくなった
・食べても睡魔に襲われない
・内臓が痛くならなくなった

頭の回転が速くなった

以前よりも質問されたときの回答が丁寧かつ論理的に即座に返答できるようになりました。内臓消化等に利用されていたエネルギーがそのほかの部分で発揮されたものだと考えられます。

ヒゲが伸びにくくなった
まったく剃らなくてもいい状態ではないですが、ヒゲの長さがいつもよりも半分ぐらいしか生えません。カラダが飢餓状態だと認識して抑えているのでしょうか?

食べても睡魔に襲われない

炭水化物をとらないと食べてすぐ眠たくならないことは知っていました。しかし、1日1食を続けていると1食で炭水化物を多くとっても眠たくならないのです。これにはとても驚きました。

内臓が痛くならなくなった

これが痩せること以上にうれしかったことです。
胃カメラ等をして健康診断では特に内臓が悪いことは指摘されませんでしたが食べるとたまに内臓が痛くなります。腎臓が子供のころから痛めているので腎臓部分が締めつけるようないたさを感じることがあります。1日1食にしてからは食べてから内臓が痛くなることが減ってきたと思います。24時間で1食なので1回の食事以外は消化器官系の臓器は休むことができます。これからも内臓をいたわりながら生活していきたいです。